--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-16

I-O DATA USB 2.0/1.1対応 バスパワー駆動ポータブルハードディスク シルバー HDPG-SU120 |

I-O DATA USB 2.0/1.1対応 バスパワー駆動ポータブルハードディスク シルバー HDPG-SU120I-O DATA USB 2.0/1.1対応 バスパワー駆動ポータブルハードディスク シルバー HDPG-SU120
定価:¥25,410(税込)
価格:¥12,900(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★


USB 2.0/1.1対応 堅牢アルミボディ採用ポータブルハードディスク ラウンドフォルムの堅牢アルミボディにより、デザイン性と、手になじむ持ち易さ、耐加重圧性能を獲得。内部に衝撃吸収材を備えたフローティング構造とすることで、高い耐衝撃性を実現している。「起動制御ユーティリティ」や「イメージバックアップソフト」といったユーザーニーズに応えるソフトを添付。米国国防総省の軍事品に採用する性能試験122cmの高さからの落下試験に合格している。 ノートPCと一緒に持っても落としにくい。手になじむラウンドフォルム採用 100kgfの圧力から、内部ドライブを守るシェル構造により、通勤時の満員電車や、出張などで詰め込まれたカバンなどでも、ドライブを破損してしまうリスクを低減できる。 話題のWindows Vista RC1を試してみたい方にもオススメ HDPG-SUシリーズには、起動制御ユーティリティ「BOOT革命/USB Ver.1」が添付ソフトとしてついているので、用途/ユーザーによる環境の使い分けはもとより、今お使いの環境をそのまま外付けHDDにコピーし、お使いのパソコンでWindows Vistaを試用してみる。といった使い方も考えられる。 Windows、MacintoshだけでなくLinuxでもOKでした 2007-08-14 FAT32でフォーマット済みです。対応OS等の情報は製造元のホームページに情報があります(注)。(Windows98(SE含む)は製造元のホームページからドライバをダウンロードしてインストールする必要がありますが、それ以外の対応OSマシンでは基本的にドライバは不要でUSBポートに挿すだけです) バスパワー駆動なので外部電源も不要です。
ちなみにLinuxで認識させる時には、DISCモード切替スイッチを「シングルモード」にすればハードディスク領域のみを使用することになりますので、あとはUSBメモリをマウントする要領で使用できます(/dev/sda?で認識されます)。こうしてLinuxマシン上の(特殊でない)ファイルの移動・保管にも使えました。あぁ、幸せ。(^-^)

(注)なお箱にはWindows Vista対応、PLAYSTATION3動作確認すみ、と印刷されています。
さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/9/15に作成しました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) パソコン 最新パーツ情報. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。